別荘とは何か別荘のあり方とは

スポンサードリンク

当サイトにいらっしゃっている方ならすでに別荘とは何たるをよく知っているかもしれませんが別荘について考えてみたいと思います。

別荘はどんなことに使うか

別荘

別荘にはいろんな用途があります。

アウトドアに活用する

別荘というと自然の豊かな場所が多いですから周囲を散策したり、山なら山菜を取りに行ったり、子供と昆虫採集なども楽しめるかもしれませんね。地域によっては史跡をや寺社めぐる拠点にもなるでしょう。

また、バーベキューやを楽しんだり、釣りや、海ならサーフィン、山なら登山といった楽しみ方もできますね。

紅葉狩りやスキーなど季節に合わせた楽しみ方もできるでしょう。

創作活動の拠点にする

別荘をいろんな創造の場に活用するという使い方もあります。

草木染め、農業やガーデニングの場として使ったり、本格的な設備を備えて陶芸や木工、天体観測などの場として使う人もいるようです。

また、バイクが好きな人などはガレージを設けて整備の拠点とたりするようです。

リラックスの場に

騒がしい都会から離れてゆっくりと自分の時間を過ごす場としても使えます。

ゆっくりと囲炉裏や暖炉の火にあたりながら読書をして時間を過ごしたり、温泉に浸かったりして自分だけの時間を過ごすことができるでしょう。

別荘とホテルって何が違うの?

「別荘を持つよりもホテルに泊まったほうがいろんな場所にも自由にいけていいんじゃないの?」なんて思うひともいると思います。

よって別荘とホテルの違いについても比べてみたいと思います。

ホテルと違って寝食の手間がかかる

ホテルに泊まるといろんなお世話がしてもらえますが、別荘では当然自分たちで食事の準備、後片付け、洗濯といった作業をする必要があります。

別荘はよくも悪くも普段の生活の場を自然が豊かな別荘に移すということです。自分たちのことは自分たちでやらなくてはなりません。

行動の制約が少ない

別荘なのでもうひとつの自分の家にいるといっていいでしょう。

いつどのような時間に行ってもいいですし、服装に制限もありません。

ペットを連れて行っても問題ありませんし、戸建てなら少々の音を出しても大丈夫でしょう。趣味の道具などを置いておくことも可能です。

めんどうな他人との接触もありません。

ほとんどのことを自由に行えるというのが別荘のメリットでしょう。

ホテルと別荘それぞれのメリットがある

ホテルはスタッフの方々が一流のサービスを提供してくれます。別荘では自分の好きなタイミングで行き来ができますし、好きな道具を置いておくことができます。

どちらが良い、どちらが悪いではなく、使う人それぞれの価値観に基づいて活用されるべきでしょう。

別荘は日常生活を都会から大自然の中へ移したもの

さきほども述べましたが、別荘でも食事の準備などいろんな作業は必要です。生活の場を移しただけですから、当たり前のことですが身の回りのいろんなことをしなくてはなりません。

近くにお店が無ければ事前に食糧など買い出しをしておく必要がありますね。

また、実際に暮らしてみないとなかなかわからない面もありますが、掃除、草刈や木々の剪定、給油や帰りの際は水道管の水抜き(寒い地域は水道管が破裂するため)などといった作業がともないます。

別荘の使用頻度が低い場合は空気の入れ替えや布団干し、掃除といった作業もたいへんですね。中には有料でやってくれる業者もあるようですが。

つらつらと書いてみるとなんだが大変めんどうな作業に見えますが、実際にやってみるとそれほど負担だと感じないという人もいますし、自分の趣味や好きなことに没頭できる空間という魅力は大きなものがあります。

別荘の具体的な活用例

別荘にはどんな使い方があるのか例をいくつか箇条書きにしておきます。

  • 豊かな生活を送る(温泉、避暑地、アウトドア、読書、のんびり過ごすなど)
  • スポーツの場として(サーフィン、スキー、テニス、ゴルフ、カヌー等)
  • 創造の場として(工芸、彫刻、絵画、建築、DIY)
  • 農作業の場として(野菜作り、ガーデニング)
  • グルメの場として(バーベキュー、山菜採り、パン焼き、燻製づくり)
  • 地域に触れる(史跡めぐり、紅葉狩り、ハイキング、星座の観察)
  • このほかにも使う人によっていろんな用途があるでしょう。自分独自の空間を作り出せるのが別荘の魅力だと思います。

    スポンサードリンク
    スポンサードリンク

    ↑ PAGE TOP