伊豆の別荘地にはどんな特徴が?

スポンサードリンク

伊豆の別荘地まとめ

伊豆

伊豆にはたくさんの別荘地があります。区域によってその特徴も変わってきます。

熱海

熱海

伊豆の入り口「熱海」熱海湾を望む急傾斜に戸建別荘が点在します。

古くからの別荘地で趣ある別荘が多くありますが道路が狭く車の離合でのトラブルが心配されます。日用品などのお店も少なく高年齢向きではありません。

海岸沿いのホテルや旅館跡地にリゾート型のマンションが多数建てられました。屋上に温泉大浴場が整った施設が多くセキュリティーの観点重視なら断然こちらです。

網代・伊東方面

伊東
(伊東温泉 箸まつり花火大会)

「網代」「伊東」方面と海岸線沿いに別荘集落が点在します。海のリゾート型、ただし温泉付きは少数です。

釣りやマリンスポーツを楽しむ人の週末リゾート向け。

古くから地元に定着した住人が多く「排他的」な気質との折り合いが難点です。

伊豆高原

伊豆高原

「伊豆高原」は伊豆を代表する別荘地です。

「伊豆シャボテン公園」を中心に国道135号線に下るメイン道路から迷路のように別荘が点在します。観光施設も多く、別荘地内にクリニックがあるのも人気のポイントです。

定住者も多数の別荘地ですが「管理会社」がしっかりしているので夜間も安心感があります。

「温泉権」は伊豆高原管理会社から購入可能です。四季を通じて温暖な気候ですが、真夏時の海風の蒸し暑さは難点です。

伊豆スカイライン小松別荘地

混み合う海岸沿いR135号を避けて熱海から「伊豆スカイライン」で直通できる高原型別荘地です。

夏も比較的涼しく過ごせることから避暑利用、家庭菜園など伊豆野菜の育成に適しています。

晴れた日には遠く富士山も望めます。自然が多いので庭木の手入れと雑草取りが大変なのは難点です。

南箱根ダイヤランド

「南箱根ダイヤランド」は富士山の絶景が楽しめる温泉付き別荘地です。

熱海から梅園通りを上って「熱函通り」から登っていく広大な別荘地です。すべての物件に温泉が整備されている隠れた別荘名所です。

定住者も多く「管理組合」が敷地内の管理をしっかりとこなしています。

高齢者のために一日数本の送迎バスが函南町の商店街まで往復しています。近年「伊豆縦貫自動車道」が沼津から「函南」まで無料開通しました。東京方面から東名高速で「厚木」を通り越して「沼津」から「伊豆縦貫自動車道」を経由するルートが加わったのはアクセス重視の点で魅力の一つ、セカンドライフ派の定住者向け別荘地です。

「標高」550mあたりが中間点、夏場もクーラーが不要なほどの涼しさです。

冬場の降雪はそれほどでもありませんが、道路が凍ることが多く日陰のカーブなどの運転は注意が必要です。「冬用タイヤ」も必需品となりますので運転に自信がない人には不向きです。

修善寺・長岡

修善寺

「修善寺・長岡」は伊豆を代表する温泉地です。

どこか懐かしさを感じる静かな街並み。 修善寺には別荘集落はありません。貸別荘、貸しコテージなど多人数向けの温泉付き施設がメインです。

滞在型リゾートとして、街中の一軒家を購入する人が多数います。 近辺の別荘地として「富士見ニュータウン」があります。家族向けの大型別荘が多数整備されています。

「修善寺・長岡」街中であれば生活に不便はありませんが別荘ライフと呼べるスタイルかいささか疑問です。

「富士見ニュータウン」は東京方面からのアクセスに不便さが感じられます。定住目的なら問題はありません。

まとめ

伊豆は関東を代表する観光地、景勝地に溢れています。温暖な気候はセカンドライフ別荘地として適した環境と云えます。海沿いの小さな別荘地は治安の悪さが指摘されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP