別荘を貸したり借りたり

スポンサードリンク

賃貸

週末、休日など限定期間でしか別荘を利用しないオーナーにとって「賃貸」で別荘を貸し出すことは維持費、管理費の負担が少なくなるメリットがあります。

反面、遠方地の別荘を貸し出す事によって生まれるリスクもあります。 「別荘の貸出しメリット」、または購入前の体験として「別荘を借りてみる」メリット。

貸し出す立場を中心に「賃貸別荘のメリット」について考えてみます。

別荘を利用しなくなった場合

別荘オーナーが海外赴任する。または遠隔地への異動で年単位で別荘利用が出来なくなった場合別荘の賃貸はメリットが高いと云えます。

リゾートマンション、戸建て別荘に関わらず、全国の別荘の賃貸管理をしてくれる不動産業者が多数存在します。

賃貸形式は、ウイークリー、マンスリー、半年単位、年間単位と様々に対応してくれます。

一般的に別荘の貸し出しは居住権トラブルが発生しないよう「賃借人と期限を決めた定期借家契約」方式となります。

不動産業者自身が、別荘オーナーと定期借家契約を交わし、更に賃貸人に貸し出す方式もあります。オーナーに利便性の高いシステムと云えますが貸出前に、一定のレベルのハウスクリーニング費用が必要です。

賃貸終了後の原状復帰作業は不動産業者が対応してくれます。交通アクセスの良いリゾート物件の場合、不動産業者が毎月の賃貸料保証契約を結んでくれる場合もあります。

安心できる不動産業者探しがポイントとなります。安定した収入が得られる点は賃貸での貸し出しの大きなメリットです。

併用型別荘賃貸のメリット

一定期間はオーナーとして使用し使用しない期間だけ賃貸で貸し出す。

信州にある「泉G別荘」が併用型別荘として有名です。

別荘管理会社が年間を通じて別荘をオーナーに代わって管理、貸出を行います。オーナーは自分の別荘に事前に利用予約を入れて別荘利用スケジュールを確保します。

空いている期間は一般のホテル、旅館のように借りたい人が予約します。管理会社が布団や敷布などの交換、食事のケータリングサービスも代行してくれます。

別荘の納戸にオーナー用の生活用品が収納されています。オーナーが宿泊するときは納戸から用具を出して使用する仕組みです。

使用後の清掃も別荘管理会社が対応してくれるので別荘の管理も安心です。

別荘を利用しない日を別荘として貸し出す無駄の無い効率的な仕組みですが、全くの他人が年間多く自分の別荘に滞在する事、多少の抵抗感を感じます。

別荘を借りる

購入予定の別荘地や区域の生活実態を事前に経験できることは別荘購入に当たって必要な体験です。別荘地に行くのは一番過ごしやすい季節ですが、購入するとなるとその土地の厳しい気候のことも考えてなくてはなりません。

実際に別荘を借りて年間を通して生活するということはホテルや旅館では味わえない貴重な体験となります。

また、初期費用を抑えて一時的にリゾート気分を味わいたい人にも「別荘を借りる」ということは1つの選択肢となります。

一定期間別荘を賃貸する時は定期借家契約を結ぶ

異動、遠隔地赴任などで長い期間別荘を利用しない場合、信頼出来る不動産会社を探して定期借家契約を結ぶと経済的なメリットが得られます。 使用しない期間別荘を貸し出すことも経済的メリットや管理上のメリットが得られます。

しかし、自分の別荘が赤の他人に利用されることの抵抗感を感じる難点もあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP